Communication Center for Food and Health Science/特定非営利活動法人食品保健科学情報交流協議会
協議会の紹介 協議会の活動状況 ニュースレター リンク
協議会の活動状況
arrow
  2013年09月30日
  2013年06月20日
 2013年02月08日 
 2012年11月09日 
 2012年08月08日 
 2012年05月28日
  2012年3月22日
 2011年11月1日 
 2011年5月24日
  2010年10月5日
 2008年05月27日
講演会

平成25年度公開講演会


                     主催:NPO法人食品保健科学情報交流協議会
                     後援:一般財団法人日本科学技術連盟


盛会に終了しました。

1 テーマ 食品リスク評価とその結果の意味すること
        ~ 許容と耐容の違いを理解しよう

2 勉強会の目的
NPO法人食科協では、毎年会員研修会のほかに、食の安全に関する問題やリスク分析への理解をより多くの皆様に深めるための公開講演会を開催しているところです。今年度はリスク評価とその結果提示のあり方について、考えることを目的に講演会を開催します。
食品には、天然由来の発がん物質や胎児毒性の可能性ある物質もごく微量だが検出されます。人工の化学物質に、きわめて厳格な評価と基準の適用がされる一方で、規制困難な天然由来の有害性要因には実情を踏まえた対応がなされています。有用性を目的に意図的に用いられる農薬や食品添加物のリスク評価で用いられる「許容摂取量(ADI)」という用語と、天然由来で規制困難な汚染物について設定される「耐容摂取量(TDI)」では評価手法は類似するが、設定における判断の基準は大きく異なります。しかしいずれの場合も多くの人に、これを超えると危険というイメージを与えるが、意図的に用いられる物質では大きな安全幅を前提に規制を行うための目安に過ぎません。このため海外では、「許容量」、あるいは「耐容量」について「参照量」と言う用語があり、そこから導かれる規制基準の超過について直ちに回収とせず、警告にとどめています。さらに遺伝毒性を持つ発がん物質の場合は、許容量が設定できないと特別視され、合理的に可能な限り低く抑える(ALARA) 考え方で対応されているがどこまで下げるのが適切か不明です。これに対して欧州食品安全庁では新しい評価法が検討されています。
そこで、食品安全のリスク評価の目的とその具体的な適用のあり方への、適切な説明と理解が得られるようこの講演会を開催します。
3 開催日時  平成25年11月6日(水) 13時半から16時半まで
4 開催場所  一般財団法人日本科学技術連盟 本部1号館3階講堂
          東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-10-11 TEL:03-5843-2051
5 勉強会の内容
              
 開会挨拶         
 座長及び趣旨説明 NPO法人食科協理事長 関澤 純
 基調講演「食品リスク評価と結果提示のあり方について(仮)」
                       佐藤洋(内閣府食品安全委員会 委員長代理)
 講演Ⅰ「食品添加物の許容量から使用基準への道筋(仮)」
                       高橋仁一
                       (日本食品添加物協会 顧問)
 講演Ⅱ「消費者から見た食品の基準の見方(仮)」
                       今井敬子
                       (生協ユーコープ 商品・環境政策課課長)
 パネルディスカッション
  司会 NPO法人食品保健科学情報交流協議会 関澤 純 理事長
  パネリスト 講演者3名

6 定員  80名(先着順で締め切らせていただきます。)
7 参加費(資料代等)
 
   食科協会員:1,000円 賛助会員:無料(会場都合により1会員につき2名様まで)
   非会員:3,000円 *学生及び食品衛生監視員等は会員と同額とする
8 申込み方法
(1)別紙の参加申込書にご記入の上、メール(8.shokkakyo@ccfhs.or.jp)又はFAX(03-6666-9132)で「NPO法人食科協」あてに10月24日(木)までにお申し込みください。
(2)参加費は郵便振替口座へお払い込みください。お払い込み後に参加証をEメール・FAXで送信いたしますので、当日受付にて参加証ご提出ください。何らかの事情で参加証が届かないときには、払込金受領証を受付にご提示ください。なお、食科協会員には入会申し込み手続き中の方も含めています。
(3)新入会を希望される方は、年会費(会費5,000円)の確認をすることにより会員会費(1,000円)とさせていただきます。新たに会員になる方は、参加申し込みと同時に、年会費の納入をお願いいたします。
 (注)会員の方は、年度内に行われます講演会、勉強会等には資料代等実費で参加することができます。
(4)郵便振替口座番号は「00190-6-558387」、加入者名は「NPO法人食科協」です。銀行振り込みをご希望の方は、三菱東京UFJ銀行深川支店の普通預金、口座番号「1631361」、口座名義「NPO法人食科協(NPOホウジンショッカキョウ)」です。振込手数料は皆様のご負担でお願いいたします。
(5)お問合せは、NPO法人食科協(〒135-0004 東京都江東区森下3-14-3 全麺連会館2階)へEメール(8.shokkakyo@ccfhs.or.jp)又はFAX(03-6666-9132)でお願いします。(返信に時間がかかることがあります。)

9 勉強会参加申込書
10 案内図

サイトのご利用に当たって Copyright Communication Center for Food and Health Science All right reserved.



(6)お問合せは、NPO法人食科協(〒135-0004 東京都江東区森下3-14-3 全麺連会館2階 TEL(03-5669-8601)へお願いします。