Communication Center for Food and Health Science/特定非営利活動法人食品保健科学情報交流協議会
協議会の紹介 協議会の活動状況 ニュースレター リンク
リンク
協議会の活動状況
 arrow
講演会

新しいリスクコミュニケーションツールの体験ワークショップ
クイズと討論により正しい知識の習得を目指す

1.趣旨
クイズと話し合いを通し食品安全への関心を深め、問題に挑戦し討論する中で正しい知識に到達することを目指す、新しい参加型リスクコミュニケーションツール(仮称:食品安全検定(課題ごとの
Q&A採点方式))を体験し、この方式の長所短所について討論する。将来は、消費者や食品事業者等との対話・意見交換等の場におけるコーディネーターやファシリテーターのツールとして活用することを目的とする。

2.プログラム

(1)開催日時  平成21年10月22日(木)13時から17時

(2)場所   (財)東京都中小企業振興公社第1会議室

(3)講演、ツールの体験及び討論(意見交換

挨拶  「食科協」理事長 林 裕造

座長  「食科協」常任理事 北村忠夫

(1)講演(1340分〜1440分)

新しいリスクコミュニケーション手法の趣旨と手順の解説
            (独)食品総合研究所特別研究員 関澤 純

      休憩(1440分〜15時)

(2)グループごとの食品安全検定の体験と改良点の討論
                 (
15時〜1610分)

(3)グループごとの報告と全体討論(1610分〜50分)

(4)まとめ(1650分〜17時)

(5)アンケート調査

3.閉会(17時)

サイトのご利用に当たって Copyright Communication Center for Food and Health Science All right reserved.